MENU

Safety 安全設計

SUBARU BRZ STI Sport ドライブイメージ

PHOTO:STI Sport(AT車) ナビゲーションシステムはディーラー装着オプション

その安心は、
思いのままの走りのために。

スポーツカーとしてのパフォーマンスを極限まで磨き上げながら、万一の際には乗る人すべての安全に配慮する。思いのままの走りを愉しみ尽くすために、SUBARU BRZは視界からボディ構造まで、すべてに高度な安全性能を追求している。

SUBARUらしい優れた視界

  • 視界の良さは、愉しいドライビングの基礎となる大切な要素であるとSUBARUは考えます。スリムで最適な角度のフロントピラー、パーテーションガラスの採用などにより、良好な運転視界を確保。また後方の視界を確保するためにハイマウントストップランプは、シェルフとの隙間から後方が見やすい構造としています。

  • SUBARU BRZ パーテーションガラス
    パーテーションガラス

VDC[ビークルダイナミクスコントロール]

  • SUBARU BRZ VSC(VDC)TRACKモードスイッチ(写真はAT車)
    VSC(VDC)TRACKモードスイッチ(写真はAT車)
  • クルマの走行状態を各種センサーで常に検知し、理想の走行状態に近づけるようドライバーをアシストするVDC。スポーツドライビングの愉しさがさらに深まる「VSC(VDC) TRACK」スイッチや「VSC(VDC) OFF」スイッチを装備し、走行シーンに合わせて4つのモードを選択することが可能です。

    *VSCはトヨタ自動車株式会社の登録商標です。

エマージェンシーストップシグナル

  • 走行中に急ブレーキを検知した場合、ブレーキランプ点灯と同時にハザードランプが高速点滅。後続車に注意を促します。

  • SUBARU BRZ エマージェンシーストップシグナル(イメージ)
    エマージェンシーストップシグナル(イメージ)

軽量化・高剛性・衝突安全性能を高度に融合する
「3ゾーンマネジメント」

スポーツカーとしての軽量かつ高剛性なボディと、乗員を守るための衝突安全性能を高めるために開発されたボディ構造。フロント部、キャビン周り、リヤ部、それぞれ求められる役割に合わせた「3ゾーンマネジメント」という考え方を採用しています。キャビン周りの骨格を「かご」のように取り囲む環状構造を採用するとともに、高張力鋼板を多用することで、ボディ上部の軽量化と高強度なキャビンを両立しました。またフロント部は操舵初期の応答性を高めるための剛性設計を行い、リヤ部も高剛性化により、フロント部からの入力を即座にリヤへと伝達。ステアリングの動きに対して瞬時に、かつズレなくクルマが反応するスポーツ性能を目指しています。

SUBARU BRZ ボディイメージ

ボディイメージ

エアバッグシステム

万一の衝突の際に、シートベルトとの組み合わせで前席乗員の被害の軽減を図るデュアルSRSエアバッグ。さらに側面衝突時に前席乗員の胸部+腰部を保護するためのSRSサイドエアバッグと、前後席の乗員の頭部を保護するためのSRSカーテンエアバッグを標準装備しています

  • *RA Racingはロールケージ装着のため、SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグは機能しません。

    SRS=Supplemental Restraint System[補助拘束装置] ■お子様は必ず後席に乗せてください。またチャイルドシートは後席に装着してください。このほかSRSエアバッグについては安全上ご注意していただきたい項目があります。必ず車両の取扱説明書をお読みください。なお、SRSエアバッグは衝突時の衝撃が弱い場合など、状況によっては作動しない場合があります。

  • SUBARU BRZ エアバッグ展開イメージ
    エアバッグ展開イメージ

歩行者を守るために

万一の接触事故の際に、歩行者へのダメージをできる限り軽減するため、衝撃吸収構造のアルミ製フロントフードを採用。スポーツカーらしい低く構えるスタイリングとともに、歩行者保護性能をも考慮に入れた設計を行っています。

安全性に配慮したインテリア

前席には、万一の後面衝突時にも乗員をしっかりと支えることを目指した、高剛性のむち打ち軽減シート構造を採用。さらにブレーキペダル、クラッチペダル(MT車)には、前面衝突時のペダルの後退を抑制する機構を採用し、ドライバーの脚部へのダメージを抑えることを目指しています。