MENU
スマートアシスト・安全
衝突回避支援システム“スマートアシスト”が大きくアップグレード。
単眼カメラの搭載によって「衝突警報機能(対歩行者)」や「車線逸脱警報機能」を新たに加え、さまざまなシチュエーションであなたの安全を支援します。
標準装備:Lス,Gス,Rス,RSス
※スマートアシストⅡは運転支援システム〈アイサイト〉とはシステムが異なります。
スマートアシストIIの機能
さまざまな状況で危険を察知し、衝突の回避や注意を促します。
従来のスマートアシストよりも広い車速域で、先行車との衝突の危険性が高まった場合に緊急ブレーキで減速。衝突を回避したり、被害を軽減します。
*緊急ブレーキの対象は車両のみとなります。
【作動条件】
約4~約50km/hで走行中、前方約20m以内に車両があることをレーザーレーダーが検知している場合(速度差約30km/h以内)。
1 衝突警報

そのままの速度で走行すれば衝突の危険性が高いと判断した場合、衝突警報が作動します。
2 緊急ブレーキ

さらに衝突の危険性が高くなると、緊急ブレーキが作動します。
3 衝突回避/被害軽減支援

自車と先行車の速度差が約20km/h以内の場合は、衝突を回避。約20〜約30km/hの場合には、衝突の被害を軽減します。
!衝突回避支援ブレーキ機能の作動対象は車両です。歩行者は対象としていません。対車両であっても約50km/h(速度差約30km/h)以上で走行の場合は、緊急ブレーキは作動しません。
■状況によっては、緊急ブレーキが作動せず、衝突の回避、被害の軽減ができない場合があります。
■緊急ブレーキ作動中にハンドルを切ったり、アクセルペダルを踏んだ場合には、緊急ブレーキを解除する場合があります。
■衝突回避により車両停止後、緊急ブレーキは解除されます。クリープ現象により前進しますので、停止後は必ずブレーキペダルを踏んでください。
■衝突回避支援ブレーキ機能は、主に先行車に作動します。ただし、二輪車や歩行者、電柱、壁などに対しても作動することがありますが、これらへの衝突を回避することを目的とはしていません。
■車両、バイク、歩行者の割り込み、飛び出しには対応できません。
走行中に前方の車両や歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーと警告灯でお知らせします。
【作動条件】
約4~約100km/hで走行中、前方約80m以内に車両があることを単眼カメラまたはレーザーレーダーが検知している場合(速度差約60km/h以内)。

【作動条件】
約4~約50km/hで走行中、前方約40m以内に歩行者がいることを単眼カメラが検知している場合。

■車両、バイク、歩行者の割り込み、飛び出しには対応できません。
■歩行者が大きな荷物を持っているなど、単眼カメラが歩行者として正しく認識できない場合は作動しません。
道路上の車線を認識後、車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報し、逸脱回避操作を促します。
【作動条件】
約60km/h以上で走行中、単眼カメラが車線を検知している場合。

■道路上の車線がかすれていたり、汚れたりしている場合は、作動しません。
■ターンシグナル(方向指示器)を使用している時は作動しません。
前方や後方の壁などの障害物を検知し、急発進を抑制します。
約10km/h以下で障害物を認識後、踏み間違い(アクセルペダルを強く踏んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制し、ブザーと警告灯でお知らせします。
前方誤発進抑制制御機能
【作動条件】
前方約4m以内に障害物等があることをレーザーレーダーが検知している時に、必要以上にアクセルペダルを踏み込んだとシステムが判断した場合。
1 障害物を検知

レーザーレーダーで前方の近い位置にある障害物を検知。
2 誤発進

誤ってシフトポジションを[D]・[S]・[B]レンジ(前進)にしたまま、アクセルペダルを強く踏むと
3 急発進を抑制

警告音と表示でドライバーの注意を喚起するとともに、エンジン出力を抑えて発進をゆるやかにします。
後方誤発進抑制制御機能
【作動条件】
後方約2~3m先までに壁などの障害物があることをソナーセンサーが検知している時に、必要以上にアクセルペダルを踏み込んだとシステムが判断した場合。
1 障害物を検知

ソナーセンサーで後方の近い位置にある障害物を検知。
2 誤発進

誤ってシフトポジションを[R]レンジ(後退)にしたまま、アクセルペダルを強く踏むと
3 急発進を抑制

警告音と表示でドライバーの注意を喚起するとともに、エンジン出力を抑えて発進をゆるやかにします。
■エンジン出力を制限することで、急な発進を抑えます。
■ハンドルを切ったり、ターンシグナル(方向指示器)を点滅させていると、右左折の意思があると判断し、システムは作動しません。
■制御時間には制限があります。一定時間アクセルペダルを踏み続けるとアクセル操作に応じて加速しますのでご注意ください。
前方のクルマが発進した場合に、お知らせします。
信号待ちなどで前のクルマが発進したことに気づかない時、ブザーと警告灯でお知らせするシステムです。

■ブレーキペダルを踏んでいる時に作動します(シフトポジションが[P]・[R]の時は作動しません。[N]の時はブレーキペダルを踏んでいなくても作動します)。
■前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。
危険を察知する3つのデバイス
単眼カメラとレーザーレーダーが前方を、ソナーセンサーが後方をそれぞれ監視。単眼カメラとレーザーレーダーは認識結果から衝突の回避、あるいは被害軽減をアシストします。


メーター内警告灯
■平均燃費は表示例としてG スマートアシスト2WDのJC08モード走行燃費(国土交通省審査値)の数値を使用しています。
※グレードによりデザインが異なります。
スマートアシストOFFスイッチ
スイッチを長押しすると、システムが作動しないようにできます。
*車線逸脱警報機能とその他スマートアシストIIの機能は、個別にON/OFFすることができます。
!スマートアシストIIについて
■ワイパーを低速以上で使用中は、システムは作動しません(後方誤発進抑制制御機能は高速で作動停止)。
■スマートアシストIIだけに頼った運転は、絶対に行わないでください。スマートアシストIIは、ドライバーの判断を補助し、事故被害の軽減を目的としています。わき見運転やぼんやり運転などドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。運転時は常に先行車との車間距離や、周囲の状況、運転環境に注意して必要に応じてブレーキペダルを踏むなど車間距離を保ち、安全運転を心掛けてください。■スマートアシストIIの認識性能・制御性能には限界があります。ドライバーの運転操作、急カーブ、急勾配、雨等の道路状況、および天候によっては、システムが作動しない、または作動が遅れる場合があります。■雪、濃霧、砂嵐の場合や、トンネル内、夜間、日差しの状況によっては単眼カメラ、レーザーレーダー、ソナーセンサーが障害物などを正常に認識できず、適切に作動しない場合があります。■作動条件下であっても、システムが作動しない場合があります。■このほか、スマートアシストIIについて重要な注意事項が記載されておりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。■スマートアシストIIの詳細は、販売店にお問い合わせください。

!この仕様はお断りなく変更する場合があります。●写真・図はイメージです。●ディスプレイ装置の性質上、実際の色とは異なって見えることがあります。●写真は撮影用に点灯しています。●撮影用の小物は商品には含まれません。●走行中は収納したものが運転の支障とならないよう、しっかりと収納または固定してください。