MENU

Safety Safety

衝突安全

SUBARU XV 衝突安全 イメージ

写真はイメージです。

もしもの時、SUBARUはいのちを守る
「かご」でありたい。

歩行者保護をも含めた、次世代の衝突安全性能。

SUBARU XV [動画で解説]衝突安全

[動画で解説]衝突安全

  • 衝突安全ボディ
    - スバルグローバルプラットフォーム -

    スバルグローバルプラットフォームを採用したSUBARU XVは、車体強度の大幅な向上やフレームワークの最適化などにより、衝突エネルギー吸収率を従来車に対して1.4倍に向上(自社調べ)。前面・側面・後面すべての方向における衝突安全性能を高めています。キャビンを強固なピラーやフレーム類で囲むように結合することで、衝突によるキャビンの変形防止を目指した「新環状力骨構造ボディ」と相まって、世界トップレベルの衝突安全性能を目指しています。

  • SUBARU XV 新環状力骨構造ボディ+スバルグローバルプラットフォーム

    新環状力骨構造ボディ+スバルグローバルプラットフォーム

歩行者保護エアバッグ

世界的に見ても歩行者の死亡事故が多い日本の交通環境に合わせて、SUBARU XVでは「歩行者保護エアバッグ」を全車に標準装備しました。歩行者との衝突を検知した場合、ピラーやフロントガラス下部といった硬いパーツを覆うようにエアバッグが展開。歩行者の頭部への衝撃を緩和します。

※歩行者保護エアバッグの作動には一定の条件があり、衝突時の衝撃が弱い場合や、速度などによっては作動しない場合があります。
※歩行者保護エアバッグが正常に作動しないおそれがありますので、字光式ナンバープレートは装着しないでください。

  • SUBARU XV 歩行者保護エアバッグ

    歩行者の頭部への衝撃を緩和する歩行者保護エアバッグ 写真は試験車両

  • SUBARU XV [動画で解説]歩行者保護エアバッグ

    [動画で解説]歩行者保護エアバッグ

7つの乗員保護エアバッグ

万一の前面衝突時に、シートベルトとの組み合わせで前席乗員の被害の軽減を図るデュアルSRSエアバッグはもちろん、側面衝突時に乗員を保護するためのSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグを標準装備。それに加え、前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグも採用しました。合計7つのエアバッグを標準装備することで、トップクラスの乗員保護性能を目指しています。

SRS=Supplemental Restraint System[補助拘束装置]
※お子様は必ず後席に乗せてください。またチャイルドシートは後席左右に装着してください。このほかSRSエアバッグについては安全上ご注意していただきたい項目があります。必ず車両の取扱説明書をお読みください。なお、SRSエアバッグは衝突時の衝撃が弱い場合など、状況によっては作動しない場合があります。

  • SUBARU XV デュアルSRSエアバッグ/SRSサイドエアバッグ/SRSカーテンエアバッグ/運転席SRSニーエアバッグ イメージ
  • SUBARU XV 運転席SRSニーエアバッグ 展開イメージ

    運転席SRSニーエアバッグ 展開イメージ

  • 衝撃吸収に有利な水平対向エンジン

    水平対向エンジンは全高が低いため、前面衝突時にはフロア下にもぐり込みやすい構造となっています。そのためエンジンがキャビンに侵入しにくく、乗員に与えるダメージを低減します。

  • SUBARU XV 前面衝突時にエンジンがもぐり込み後退しやすい構造イメージ

    前面衝突時にエンジンがもぐり込み後退しやすい構造イメージ

  • ロッキングタング付シートベルト
    (前席&後席左右)

    衝突時、腰が前方へ移動しないようベルトをロックする「ロッキングタング」を新たに採用。乗員の胸部にかかる負担を軽減します。

  • SUBARU XV ロッキングタング付シートベルト(前席&後席左右)