スペック

環境仕様書

  フォレスター
グレード名 Touring X-BREAK Advance SPORT
車両型式 スバル・5AA-SKE スバル・4BA-SK5

エンジン

エンジン型式 FB20 CB18
総排気量(cc) 1995 1795
種類 2.0L 水平対向4気筒 DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴 1.8L 水平対向4気筒 DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ“DIT”
燃料種類 無鉛レギュラーガソリン

駆動装置

駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
変速機 リニアトロニック

車両重量

車両重量(kg) 1620 1630 1640 1570

環境性能情報





JC08モード 燃費値(km/L)
(国土交通省審査値)
18.6 16.5
CO2排出量
(g/km)
125 141
燃費基準達成レベル 2020年度燃費基準+10%達成 2020年度燃費基準+10%達成(2020年度燃費基準+20%達成)注1 2020年度燃費基準達成
WLTC8モード 燃費値(km/L)
(国土交通省審査値)
14.0 13.6
CO2排出量
(g/km)
166 171
市街地モード(WLTC-L) 11.2 10.3
郊外モード(WLTC-M) 14.2 14.3
高速道路モード(WLTC-H) 16.0 15.2



適合規制 平成30年規制
低排出ガス車認定レベル 平成30年基準50%低減 平成30年基準25%低減
試験モード WLTC
基準値 CO(g/km) 1.15
NMHC(g/km) 0.05 0.075
NOx(g/km) 0.025 0.038
PM(g/km) 0.005

適合規制 平成28年規制
加速騒音規制値(dBA) 70
エアコン冷媒の種類(GWP値 注2)/使用量 代替フロンHFC134a(1430 注3)/425g
車室内VOC 自工会目標達成(厚生労働省室内濃度指針値以下)








鉛 *1 自工会2006年目標達成(96年時点の1/10以下)
水銀 *2 自工会目標適用除外部品含め自工会目標達成(2005年1月以降使用禁止)
六価クロム 自工会目標達成(2008年1月以降使用禁止)
カドミウム 自工会目標達成(2007年1月以降使用禁止)

環境への取組み





リサイクルし易い材料の使用 バンパー、インパネ、ドアトリム等に
リサイクルし易い熱可塑性樹脂を多用
再生材の使用 一部の樹脂部品に市場回収リサイクル材を、
防振防音材に衣類縫製端材・故紙を再利用
材質表示 100g以上の樹脂部品、200g以上のゴム部品に材質表示
解体性を考慮した設計 リヤゲートの取り外し容易化、
バンパーの材質を取り外し前に確認できる位置に表示
環境負荷
物質使用
状況等
使用部品:電子基板・電気部品のはんだ、銅合金(2ウェイコネクタ)等
水銀 全廃済み
六価クロム 全廃済み
カドミウム 全廃済み

【低燃費+低排出ガス性能の向上のために】SUBARUは、力強い走りと燃費性能、低排出ガス性能を両立するための取り組みを積極的に行っています。○エンジンの高効率化、パワートレーンの最適化、軽量化○SI-DRIVE等、低燃費走行へとドライバーを導く装備の搭載【車室内VOCの低減】鼻、のどなどへの刺激の原因とされるホルムアルデヒド、トルエン等の揮発性有機化合物を低減するために、車室内の部材や接着剤を見直すことで、その揮発性を抑制しました。また、厚生労働省の定めた13物質の室内濃度指針値を下回るレベルとし、車室内の環境に配慮しました。VOC=Volatile Organic Compounds(揮発性有機化合物)【生産における環境負荷の低減】SUBARUは、工場から排出される廃棄物をゼロレベルにする「ゼロエミッション工場」化をすすめています。また、生産における省エネルギー化、水使用量の低減など、環境に優しいクルマづくりをすすめています。【リサイクル性の向上】リサイクル性に優れたPP材を内外装部品に積極的に使用しています。

注1( )内はメーカー装着オプションの大型サンルーフを装着した場合(車両重量1660kg以上となった場合)です。

注2GWP=Global Warming Potential(地球温暖化係数)

注3改正フロン法において、カーエアコン冷媒は、2023年度までにGWP150以下(乗用車における国内向け年間出荷台数の加重平均値)にすることを求められております。

燃料消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。したがって、実際の走行時には、気象、道路における交通の混雑の状態、運転方法に応じて燃料消費率が異なってきます。

WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは高速道路等での走行を想定しています。

燃料消費率はインテリジェントモード時の数値です。

■自工会目標適用除外部品

*1鉛バッテリー(リサイクル回収ルートが確立されているため除外)

*2ナビゲーション等の液晶ディスプレイ、コンビネーションメーター、HIDヘッドランプ(交通安全上必須な部品の極微量使用を除外)

■CO2排出量は燃費からの換算値です。