ドライビング
SUBARU BOXERは、左右対称に向き合ったピストンが水平方向に往復することで、互いの力を打ち消しあう特性を 持っています。そのため振動が少なく、高回転域まで滑らかに吹け上がるフィーリングを得ることができます。また、 エンジン全高が低く、軽量・コンパクトな水平対向エンジンは、車体の低重心化に貢献。優れた重量バランスによって意のままのコーナリングを可能にします。
SUBARUの新型エンジン「新世代BOXERエンジン」を搭載。ロングストローク化や燃焼室のコンパクト化をはじめ、 ピストンの軽量化やエンジン摩擦の低減などの全面的な刷新により、きわめて高い燃焼効率を実現しています。中低速域を重視した実用性の高いトルク特性により、アクセルを踏んだ瞬間から軽やかに立ちあがる意のままの加速レスポンスも提供。優れた環境性能と経済性、そしてスポーティな走りの歓びを高次元で融合させています。
SUBARUの次世代トランスミッションである縦置きチェーン式無段変速機「リニアトロニック」。パーツやレイアウトを最適化し、より軽量・コンパクトなシステムに仕上げるとともに、静粛性も高めています。燃焼効率の良い運転領域を常に活用することで、優れた燃費性能とリニアな加速フィールを実現。パドルシフトによる6速マニュアルモードでは、0.1秒以 下の素早いシフトレスポンスによってスポーティなシフトチェンジが愉しめます。
新世代BOXERをベースに、SUBARU初となる直噴ターボを搭載した新開発エンジン、DIT。それはハイパフォーマンスと環境性能を高次元で両立する、SUBARUのまったく新しいスポーツユニットです。吸気ポートにガソリンを噴射する従来のポート噴射に対して、 シリンダー内に直接ガソリンを噴射する直噴(Direct Injection)システムを採用。直噴ならではの圧縮比の高さと吸気量の増大に加え、ボア×ストロークの最適化、ツインスクロールターボの採用などにより、優れた動力性能を実現。2.0!にして、従来の 2.5!ターボを全域で凌駕するパフォーマンスを発揮します。それに加え、緻密な噴射制御によって燃焼効率を高めるとともに、 触媒の早期活性化を実現。デュアルAVCS(可変バルブタイミング)の採用や最適なターボレイアウトと相まって、そのパワーからは想像もできないほどの燃費性能と、優れた排出ガス性能も備えています。
変速ショックのない滑らかな加速とリニアなレスポンスを提供する「リニアトロニック」。 2.0GT DIT / 2.0GT DIT EyeSightでは、ケースやトルクコンバーターの変更、新開発チェーンの採用などを行い、エンジンの高トルクに対応するとともに静粛性を高めました。それに加え、SI-DRIVEのS♯モード選択時は8段ステップ変速となる専用制御を搭載。MT車のようなスポーティかつダイレクトな変速により、DITのハイパフォーマンスを存分に愉しめます。
DITのポテンシャルを最大限に味わえるよう、足回りを専用チューニング。高速走行時の安定性を高めるため、ボディを含めたサスペンションの取り付け剛性アップ、各ブッシュの硬度アップ、スタビライザーのサイズアップを実施。ロールを抑え旋回時にもしっかりと踏ん張る足回りと、優れた回頭性を実現しました。加えてダンパーは、相対的に縮み側をソフトに、伸び側をハードに設定し、優れた乗り心地と操縦安定性を提供します。
さらなる燃費性能の向上のために、レガシィは新開発のアイドリングストップを搭載。
クルマが停車すると自動的にエンジンを停止し、無駄な燃料消費や排ガスを抑えます。
優れた環境性能を実現するのはもちろん、ドライバーの意思に忠実な制御を提供するなど、SUBARUのこだわりが随所に息づいています。
標準装備 2.5i-BS 2.5i-BS-ES 2.5i-BS-ES-G 2.5i-ES-S
レガシィが理想とする走りを支える足回り。サスペンションのチューニングに加え、ボディを含めた各部の剛性を高めることで、至極とも言える乗り心地と意のままのハンドリングを生み出しました。さらにAWD性能も大きく進化させることで、レガシィが求める安心感と快適性をいっそう深めています。
従来相反するものとされていた乗り心地とハンドリングを高次元でバランスする「SI-シャシー」。 そして振動を効果的に吸収する画期的なエンジン取り付け構造「クレードル構造」。 これらの革新により、レガシィは路面に吸い付くような安定感と快適な乗り心地、優れた静粛性を実現しています。
路面からの衝撃をしなやかに“いなす”ことで快適性を高めながら、ロール時や路面の凹凸などに対してタイヤの接地角変化を 抑制するSI-シャシー。レガシィはクレードルフレームの採用により、振動・騒音を大幅に低減させるとともに、優れた操縦安定性も実現。 SI-シャシーを大幅に進化させています。
SUBARUは4輪駆動のポテンシャルに早くから注目し、40年という長きにわたってその可能性を広げてきました。水平対向エンジンと左右対称(SYMMETRY)のパワートレーンで構成された独自のAWDシステム、「シンメトリカル AWD」。重心 位置が低く、前後左右の重量バランスに優れたその構造は、高速での直進安定性やコーナリングでのシャープなハンドリング、 悪路でのコントロール性など、さまざまな状況下で卓越した走行性能を発揮します。
SUBARUは4輪駆動のポテンシャルに早くから注目し、40年という長きにわたってその可能性を広げてきました。水平対向エンジンと左右対称(SYMMETRY)のパワートレーンで構成された独自のAWDシステム、「シンメトリカル AWD」。重心 位置が低く、前後左右の重量バランスに優れたその構造は、高速での直進安定性やコーナリングでのシャープなハンドリング、 悪路でのコントロール性など、さまざまな状況下で卓越した走行性能を発揮します。
新世代アクティブトルクスプリットAWD[2.5ℓDOHC車] 後輪へのトルク配分をコントロールし、突然の路面変化に素早く対応するアクティブトルクスプリットAWD。4輪の駆動状況やエンジントルクなどに加え、VDCからのハンドル角、ヨーレート、横加速度信号などの車両情報をモニターする新制御を採用しています。コーナー進入時における操舵初期の反応を向上させるとともに、タイトコーナーブレーキング現象*の抑制に対し、より緻密なトルク配分制御を実現。さらに滑りやすい路面での発進性を高めるなど、AWD性能を一段と進化させています。
前45:後55に設定された前後輪トルク配分を、走行状況に合わせて連続可変制御。コーナリング時の回頭性の良さと、直進時の 安定性を高度にバランスしています。
新世代BOXERエンジン+新リニアトロニック 写真はイメージです。
水平対向ピストンユニット
新リニアトロニック 写真はイメージです。
クラストップレベル*の燃費性能
14.4km/ℓ国土交通省審査値)
数値はいずれも2.5i B-SPORT、2.5i B-SPORT EyeSight、2.5i B-SPORT EyeSight G Package(2.5i B-SPORT EyeSight G Packageの燃費は車両重量1540kg未満の場合)。
*2.4ℓ~2.5ℓクラスのガソリン車(ハイブリッド車を除く)2013年5月現在(自社調べ)
■燃料消費率はインテリジェントモード時の数値です。燃料消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。したがって、実際の走行時には、気象、道路における交通の混雑の状態、運転方法、習慣、整備状況およびその他の状況に応じて燃料消費率が異なってきます。なお、JC08モード燃費は10・15モード燃費に比べ、より実際の走行に近くなるように新たに設けられた試験方法で、一般的に燃料消費率はやや低い値になります。
■燃料消費率はインテリジェントモード時の数値です。燃料消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。したがって、実際の走行時には、気象、道路における交通の混雑の状態、運転方法、習慣、整備状況およびその他の状況に応じて燃料消費率が異なってきます。なお、JC08モード燃費は10・15モード燃費に比べ、より実際の走行に近くなるように新たに設けられた試験方法で、一般的に燃料消費率はやや低い値になります。
* 自社計測値。諸条件により異なる場合があります。
●アイドリングストップの作動にはさまざまな条件があります。
●詳しくは取扱説明書をお読みいただくか、販売店にお問い合わせください。
アイドリングストップOFFスイッチ
メーター内表示
写真はイメージです。
クレードルフレーム
写真は2.5i EyeSight S Package
フロントサスペンション
フロント17インチブレーキ
*旋回時の前後輪回転差を逃せず、走行抵抗が生じる現象
■タックイン抑制補正(限界走行時のイメージ)
アンダーステア状態からのアクセルOFF時に前後輪拘束力を高め、タックインを抑制。
■スリップ制御向上(低μ路発信、脱出性向上)
新制御により、滑りやすい路面でのホイールスピンを抑制し、ドライバーの安心感を向上。
*搭載/装備されるのは一部の車種となります。●写真・イラストはイメージです。●写真は撮影用に点灯しています。●撮影用の小物は商品には含まれません。●ディスプレイ装置の性質上、実際の色とは異なって見えることがあります。