交通事故が起きた際、救命活動が10分早まると、
死亡率が約7割改善されると言われています。※2

事故発生からの時間経過と死亡率

※2 日本医科大学千葉北総病院益子教授による救命救急効果説明より
※3 出展 平成15年厚生労働省科学研究「ドクターヘリの実態と評価に関する研究」班報告書

つながる安全 機能動画
  • 先進事故自動通報(ヘルプネット) イメージ図

    先進事故自動通報(ヘルプネット)

    エアバッグが作動するような大きな事故を感知して、自動的にコールセンターに通報。その後の救命活動に繋げます。

  • SUBARU SOSコール イメージ図

    SUBARU SOSコール

    急な体調不良で運転が困難な時や、あおり運転を受けた時など、車内の“SOS”ボタンを押すだけでコールセンターにつながります。

  • SUBARU iコール イメージ図

    SUBARU i コール(安心ほっとライン)

    急な車両故障などのトラブル時に、“i”ボタンを押すだけでコールセンターにつながり、ロードサービスなどを手配できます。

  • お知らせ機能 イメージ図

    お知らせ機能

    故障や盗難時にはアプリやeメールでアラートをお知らせ。さらにリコールはクルマのディスプレイにてお知らせ。

  • SUBARUはなぜ安全?
  • 死亡交通事故ゼロの未来を実現する究極のぶつからないクルマへ
  • 死亡交通事故ゼロへ。SUBARUの「総合安全」

※1 SUBARU車乗車中の死亡事故およびSUBARU車との衝突による歩行者・自転車等の死亡事故ゼロを目指す
※機能には限界があります。常に安全運転を心掛けて下さい。

  • 試乗車検索
  • VR体験
  • サポカー