MENU
アイサイトマン
WELCOME
EyeSight World

アイサイトの便利な機能

ぶつからないために(衝突の回避を目指した機能)

「あっ、あぶない!」その時に。

キホンのぶつからないブレーキ

自動でブレーキがかかるから、
もしもの時も安心です。

プリクラッシュブレーキ

プリクラッシュブレーキ

衝突の危険が高まった場合、ドライバーに注意を喚起。もしもの時はブレーキ制御を行います。前を走るクルマとの速度差が約50km/h*1以下なら衝突回避、または被害を軽減します。

「アイサイト」だから
こんなに認識できるんです。
「アイサイト」だからこんなに認識できるんです。

アイサイトなら、歩行者や自転車、バイクの認識が可能。さらにカラー認識をすることで、先行車のブレーキランプを認識して早めに減速するなど、より人間の判断に近い制御を実現しました。

バック駐車で、ついうっかり!

バック駐車で、ついうっかり

自動ブレーキで、後ろ側にも安全を。

後退時自動ブレーキシステム

後退時自動ブレーキシステム*2

アイサイトは、後ろに装着した4つのソナーセンサーにより障害物を検知。衝突の可能性がある場合、自動でブレーキをかけ、衝突回避または被害を軽減します。

SUBARU XV 1.6i EyeSightは非搭載

アクセルとブレーキを踏み間違えた!

踏み間違い事故ブロック

誤操作による急な飛び出しを防ぎます。

AT誤発進 & 誤後進抑制制御

AT誤発進 & 誤後進抑制制御*2、3

前方に壁やコンビニ*4などの障害物を検知し、誤発進だとシステムが判断した場合、エンジン出力を抑えて発進を緩やかに。「発進」だけでなく「後進」への対応もしています。

疲れないために(運転負荷を軽減する機能)

前のクルマに近づき過ぎちゃう・・・

ハイウェイ車間キーパー

ちょうどいい車間距離を保って、
安全&快適ドライブ。

全車速追従機能付クルーズコントロール

全車速追従機能付クルーズコントロール

0~約120km/h*5の幅広い車速域*6で、車間距離を保ちながら前のクルマに追従走行。割り込みや渋滞時には自動で加減速を行うのでペダル操作の負担が減り、安全で快適なドライブが可能です。

高速道路や自動車専用道路でのドライブをより安全・快適に行っていただくための運転支援システムです。

横風に煽られて、クルマがふらつく。

車線はみ出しブロック

車線からはみ出さないように、
ステアリング操作をお手伝い。

アクティブレーンキープ

アクティブレーンキープ

アイサイトは、走行車線の区画線の両側を認識。高速道路をドライブ中*7に車線からはみ出しそうになると、中央を走るようにステアリング操作をアシスト*8します。

高速道路や自動車専用道路でのドライブをより安全・快適に行っていただくための運転支援システムです。

疲れや眠気で集中力がダウン・・・

うっかりさよならサヨナラアラート

ふらつきや車線からのはみ出しを、
アイサイトがお知らせします。

警報&お知らせ機能

警報&お知らせ機能

走行中にクルマがふらついたり*7、車線からはみ出しそうになると*9、警報音と警告表示で注意を促します。先行車の発進に気付かず停止している時も、アナウンスと表示でお知らせ。

※メーター内の表示はイメージです。

新次元のアシストが実現。

ストレスフリー先進ドライブ

高速道路のすべての車速域で、
運転操作を自動でアシスト!

アイサイト・ツーリングアシスト

アイサイト・ツーリングアシスト

0~約120km/hの幅広い車速域*6で、アクセル・ブレーキ・ステアリング操作を自動でアシスト。渋滞時も働くので、運転負荷が大幅に軽減。もっと遠くまで行きたくなるような機能です。

レヴォーグ、WRX S4、フォレスターに搭載

高速道路や自動車専用道路でのドライブをより安全・快適に行なっていただくための運転支援システムです。

ヒヤリを減らすために(運転支援)

後ろのクルマが見えにくくてヒヤッ!

後方見守りサポート EyeSight Safety plus *11

車線変更や後退時の
キケンをお知らせ。

スバルリヤビークルディテクション

スバルリヤビークルディテクション
( 後側方警戒支援システム)

死角になりやすい斜め後方のクルマの接近を検知。衝突の危険がある場合に、ドアミラーのLEDインジケーターや警報音で注意を促します。

※ドアミラーの表示はイメージです。

ハイ/ローの切り替えがわずらわしい・・・

自動切り替えビーム EyeSight Safety Plus *11

ハイ/ロービームを自動で切り替え、
夜のドライブを安全に。

ハイビームアシスト

ハイビームアシスト

ハイビームで走行中、周囲の明るさを検知して、先行車や対向車がいる時は自動でロービームに切り替え。運転に集中できるからより安全、周りのクルマにもやさしい便利な機能です。

 

運転中のよそ見や不注意に。

顔認識で見守りガード

ドライバーの顔を認識して、
安全運転をサポート。

ドライバーモニタリングシステム

インパネセンターバイザーに内蔵されたカメラが、ドライバーの顔を認識。眠気や不注意があると判断した場合、警報音や警告表示で注意を喚起します。ドライバーごとに空調やシート位置を再現する、おもてなし機能も搭載。

フォレスター Advanceに搭載

死角を減らすために(視界拡張)

荷物に隠れて後ろが見えない!

リヤ視界クリアー EyeSight Safety plus *11

後ろの視界をグンと広げて
後方確認をサポート。

スマートリヤビューミラー

スマートリヤビューミラー

リヤゲートガラスの内側に取り付けられたカメラの映像を、ルームミラーに表示。荷物が妨げになり後方視界が遮られたり、悪天候などで後ろが見えにくい場合に、後方確認をサポートします。

この道、うまく通れるかな・・・?

見通し悪い道フォロー EyeSight Safety Plus *11

前方/左前の見えにくいところを確認できます。

フロント&サイドビューモニター

フロント&サイドビューモニター

フロントグリルやサイドミラーに装着されたカメラの映像を、運転席のディスプレイ*10に表示。見通しが悪い駐車場出口で前方を確認したり、狭い道ですれ違う時に助手席側の様子が確認できます。

*1:前方車両との速度差が約50km/h[歩行者の場合は約35km/h]を超える場合は、アイサイトの性能限界から衝突を回避することはできません。また、前方車両との速度差が約50km/h[歩行者の場合は約35km/h]以下であっても、状況によっては衝突が回避できないことやプリクラッシュブレーキが作動しない場合があります。*2:ステレオカメラを使用した制御ではありません。*3:後方障害物の有無は制御に関係しません。*4:前方の壁や障害物の形状、見え方によっては作動しない場合があります。*5:インプレッサSPORT/G4、SUBARU XVは0~約100km/h。*6:車速の設定は必ず制限速度の範囲内で行ってください。*7:約60km/h以上で走行中。*8:ドライバーがステアリング操作している状態を判定し、システムが無操作状態と判断した場合には機能を停止します。*9:約40km/h以上で走行中。*10:走行中にディスプレイを見続けるのは前方不注意の原因となります。必ず目視で前方や周囲を確認しながら使用してください。*11:「アイサイトセイフティプラス」のマークが付いている機能について ●車種により、設定がない機能もございます。●一部のグレードでは、メーカー装着オプションです。●詳細は各車種のカタログをご覧いただくか、販売店にお問い合わせください。

アイサイトは「ココ」がすごい!

運転支援システム「アイサイト」とは?

運転支援システム「アイサイト」

SUBARUが採用しているのは、「ステレオカメラ」という2つのカメラを使ったシステム。
人間のように周囲の環境を“目”で見て、“頭脳”にあたるソフトウェアが判断を下し、状況に合わせてクルマを“手足”のように適切に動かしています。
人間と同じだから安心して使える、自然で滑らかな制御を誇ります。

“世界レベル”の高い安全性能です。

日本の安全性能評価「JNCAP」にて、アイサイト搭載車は全車が最高ランクの評価を獲得しています。その実力は、アメリカやヨーロッパなど、海外でも高い評価が。アイサイトの安全性能は、海を越え、世界で認められているのです。

JNCAP
JNCAPの安全性能評価で、SUBARUのアイサイト搭載車はすべて「最高ランク」を獲得しています。

※国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)による、2016・2017年度 予防安全性能評価。マークはレヴォーグ、WRX S4に授与された2017年度のものです。
その他の車種は2016年度マークとなります。

米国 IIHS 前面衝突予防性能試験
米国 IIHS*1前面衝突予防性能試験における最高評価
欧州 ユーロNCAP
欧州 ユーロNCAP*2最高評価

*1: Insurance Institute for Highway Safety
(道路安全保険協会・米国保険業界の非営利団体)
*2: 欧州各国の交通関連当局などで構成された独立機関が1997年より実施している安全性能評価

人間のように“立体的”に見ています。

人間の目は、左右で微妙に差のある映像を見ています。その差が大きければ近くに、小さければ遠くにあるもの、そうして立体的に環境を把握しているのです。この原理を用いたアイサイトは、高い認識性能を誇ります。人間なら誰でも「ついうっかり」のよそ見がありますが、そんな時にもアイサイトは見守っているから安心です。

約30年の積み重ねが生む、
揺るぎない安心。

SUBARUが運転支援システムの開発をはじめたのは1989年。まだその必要性が広く理解されていない時代、世界に先駆けた取り組みでした。それから約30年。地道な走り込みと研究の繰り返し、そしてSUBARUの安全への熱い想いが、今のアイサイトをつくっています。

アイサイトにより
追突事故発生率が減少!

アイサイト搭載車*1は非搭載車に比べて、追突事故発生率が84% 減少しています*2。アイサイトのように衝突被害軽減ブレーキを装備したクルマは事故率が低いので、保険料がお得になる「ASV割引」も対象です。

公益財団法人・交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータを基に独自算出
*1:アイサイト(ver.2)搭載車
*2:2010年度から2014年度に日本国内で販売したSUBARU車のうち、アイサイト搭載可能モデル
(アイサイト搭載車246,139台、非搭載車48,085台)の人身事故件数
●「ASV割引」の詳細は、販売店にておたずねください。

アイサイト搭載車 LINE UP

アイサイト、アイサイトセイフティプラスは、いずれも車種・グレードによって搭載機能や標準装備/メーカー装着オプションの設定が異なります。

アイサイト搭載車  LINE UP

アイサイト、アイサイトセイフティプラスについて

●本システムだけに頼った運転は、絶対に行わないでください。本システムは、運転者の判断を補助し、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。ドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。●認識性能・制御性能には限界があります。●詳細は、販売店にお問い合わせください。

 他にもいろんなところで!今すぐ体感してみよう!
試乗ポータルTOP
スバルのお店で体感
イベントで体感
高速道路で体感